PureVPNの速度は早かったが、不安なセキュリティ

2018年、変わったpurevpnの速度とセキュリティテスト

多くの有料VPNを直接使用、比較しながら最高のVPNを探すためにお金と時間を無駄遣いした 2017年… purevpnを使用しました。 当時は”これ無料vpnより遅いじゃない?”という気がするほど極悪の速度を体験し、7日ぶりに他のVPNサービスに変更した記憶があります。 2018年度にはどのくらい変わったでしょう!

 

PureVPNはWindows、Mac、iOS、Android、Linuxすべて使用できます。 リナックスの場合には設定が少し厳しいです。

メニューが細分化されましたね。 個人的に嫌やがるスタイルです。 CyberGhost VPNこのような形式だが、ストリーミング、P2P(Torrent)、一般ウェブサーフィン、インターネット国際電話,各用途別に使用可能な国家のVPNサーバが異なるからです。

例えば早い速度が要求されるトレントプログラムをVPNとともに使用しようと見ると、VPNの速度がとても遅い国だけ選択可能な環境です。

 

PureVPNの特徴、中国VPNサーバーの使用可能

PureVPNは、中国内部にVPNサーバがおり、中国IPを使用することができます。(しかし、中国のIPアドレスを使用しなければならない理由をいくら考えてもわかりません。)

それさえも接続が不可能な水準に遅くて。 VPNプログラムを強制的に終了しようとしてもできません。 たすけて

なんと10分間の死闘の末に中国VPNサーバに接続成功!しかし。。。 VPNアップ画面には中国IPアドレスが見え、接続に成功したことになっているが… 実際にIP Checkしてみたら僕の日本IPが出ます 接続にもならないことです。

 

PureVPNのスピードテスト(OpenVPN)

基本設定はIKEVというプロトコル(通信方式)になっているが、保安省のほうがより高く、速度も速い’信頼のOpenVPN’を好むため、UDPに変更。

IKEVと比較すれば信じられないほどのスピード差が発生します。 それでPureVPNの速度は二つの方法でテストしました。

右側上段の歯車のボタンを押して<App Settings>を押すと、変更可能。

ここでPureVPNは嘘をついている! OpenVPNがIKEVよりSecurityの点数が低い???。

スピードが3/5点で出たものも理解できません。 Express VPNと同じtop classのVPNは最も信頼できるOpenVPNを基本として使用するが、最も早いスピードを見せてくれます。

一番速度が速いPPTPは絶対に使用しないでください。 セキュリティの脆弱さによって、アップルのiOS(アイフォーン、アイパッド)では使用不可になっています。 これは消えなければならない暗号化方式です。

 

ここで知ることができるものの一つ、’、暗号化のレベル’が高いほど速度は減速するということです。 母国語を話すときと第2外国語に翻訳して言うとき、対話する速度が違うようにさらに複雑に暗号化されたデータをリアルタイムでやり取りほどスピードは遅くなるしかないです。

暗号化レベル、通信速度、両方を最高水準で取ったのがOpenVPNです。 そこだ OpenSourceなので透明に公開されていて信頼度も最高!!

世界のセキュリティ専門家らもOpenVPNを最高と評価します。

PureVPNスピード(台湾) : Ping –  85ms /  Download – 4.54Mbps

 

PureVPNスピード(オーストラリア) : Ping –  317ms /  Download – 30.51Mbps(どうして台湾よりオーストラリアVPNサーバが速かったの?)

 

PureVPNスピード(米国) : Ping – 149ms /  Download – 19.86Mbps

 

PureVPNスピード(メキシコ) : Ping – 273ms /  Download – 15.34Mbps

 

PureVPNスピード(ロシア) : Ping – 347ms /  Download – 17.26Mbps

速いスピードを向けたアジア地域サーバーが代替的に非常に遅く、他の地域ももっと多くの国家をテストする意味がないので次の段階に移動!

(韓国のサーバーテストキャプチャーしたイメージファイルが消えました。)

 

PureVPNのスピードテスト(IKEV)

IKEVに変更

PureVPNスピード(台湾) : Ping – 73ms /  Download –  77.81Mbps

17倍の差??? 亀が急にチーターに変身?といったサーバーに通信方式を変えたとこのように劇的に変わることは理解できない。

まるで服装が変わったとスーパーマンやスパイダーマンになってしまったのと同じ状況。

 

PureVPNスピード(韓国) : Ping – 34ms /  Download – 117.46Mbps

 

PureVPNスピード(オーストラリア) : Ping – 310ms /  Download – 70.23Mbps

 

PureVPNスピード(米国) : Ping – 171ms /  Download – 19.83Mbps

 

PureVPNスピード(英国) : Ping – 288ms /  Download – 30.69Mbps

 

PureVPN不安なセキュリティ

DNS leak(流出) test

韓国のサーバーに接続したが、私の日本IPアドレスがそのまま露出になります。 これはVPN暗号化トンネルがきちんと作動しなかったり、使用者たちの良い評価を受けるために早い速度を向けた低いレベルのセキュリティ設定を疑われる部分。

WebRTC test

信頼できる水準で私の情報を守ってくれません。

そしてPureVPN Appには確かにVPNサーバに接続成功したと出ているが、あんなに実際には接続できない状況も発生。こうなると、接続するたびにまともにできたのか確認をしなければならないのに。 信頼が最も重要なVPNにとって致命的な短所

 

結論

  • 私にセキュリティに大きく重要ではない!
  • 10円でも低い価格そして早い速度のみを望んでいる!

上記の条件なら、決済してもいいです。

しかし、PureVPNの価格が短所を忘れるほど安く使用するには2年プランを購入しなければなりません。

それでは<Nord VPN>の2年プランと$0.8程度の差なのに。。 私はセキュリティ面で等級が高いNordの2年プランを。。。もっと低い価格を望むなら、3年プランを選択することです。