IPvanish VPN 後期レビュー(スピード、コスパ、接続設定)

IPvanish VPNレビューです。このVPN会社どう?

ネットで探してみた人はIPvanishという有料VPNを一度は聞いてみたのです。正直に推薦したり少し迷っていたVPNだが、レビューを読んでみて決定はあなたのこと!

 

IPVanish 紹介、会社の情報

1999年度に設立されたが地道に中下位クラスです。(推薦頻度が低い方)会社は米国にあるためにExpress VPNやNord VPNに比べて捜査機関、政府が個人の情報を容易に要請して獲得することができます。トップティア(Top-tier)vpn業者がほとんど30日、換金政策を提示するが、IPvanishは7日以内に換金を要求しなければなりません。

これまで大きなトラブルなくサービスを提供してきたが。 スピード、価格、コスパ、匿名性のいずれも”これを長く使用しなければならない。”と思いにする要素がありません。ユーザーに失望を与える部分があるが、それはまさに’価格政策’です。 公式的な価格を修正せずにソーシャル・プロモーションを通じて時々半分の価格で販売するためです。(公式サイトを通じてIPvanish VPNサービスを購入した人はバカなの?)

 

じゃではIPvanish VPN接続プログラムを実行してみよう

決済して受け取ったハンドルネーム、パスワードを入力すれば、最後。

シンプルでないインターフェース、しかし、使い方は難しくない。右下段の部分で’国家’、’都市’を選択して’VPN接続'(Connect)ボタンを押した。

‘国家’しか選択しても良いです。 残りは自動的に選択されます。

Best serverを選択すればよい。

IPvanish VPN サーバーの保有現況

60ヵ国あまりの国に950台程度のサーバーを保有しています。 選択可能な国家のIPは下記の通りです。

アジアVPNサーバ

Japan – Tokyo (3) / Hong Kong (16) / India – New Delhi (6) / Israel – Tel Aviv (2) / Malaysia – Kuala Lumpur Philippines – Manila (2) / Singapore (18) / South Korea – Seoul (3) / Taiwan – Taipei (2) / Turkey – Bursa, Istanbul (2), Izmir / United Arab Emirates – Dubai

欧州VPNサーバ(数字はサーバの数です。)

Albania – Tirana / Austria – Graz, Vienna (6) / Belgium – Brussels / Bulgaria – Sofia / Croatia – Zagreb (4) / Cyprus – Larnarca (2) / Czech Republic – Prague (17) / Denmark – Copenhagen (9) / Estonia – Narva (2), Tallinn / Finland – Helsinki (4) / France – Paris (26) / Germany – Frankfurt (41) / Greece – Athens / Hungary – Budapest (3) / Ireland – Dublin (2) / Italy – Milan (12) / Latvia – Riga (4) / Lithuania – Vilnius / Luxembourg – Luxembourg (2) / Moldova – Chisinau / Netherlands – Amsterdam (88) / Norway – Kjevik (8) / Poland – Warsaw (2) / Portugal – Lisbon (5) / Romania – Bucharest (3) / Serbia – Belgrade (4) / Slovakia – Bratislava (2). Ljubljana / Spain – Madrid (6), Valencia (2) / Sweden – Stockholm (15) / Switzerland – Zurich (11) / Ukraine – Kiev (3) / U.K. – Glasgow, U.K. – Liverpool, U.K. – London (68), Manchester (3), Nottingham

北米VPNサーバ(ノースアメリカ)

USA – Ashburn, VA (41), Atlanta, GA (48), Boston, MA (5), Chicago, IL (56), Cleveland, OH (3), Dallas, TX (20), Denver, CO (5), Fort Worth, TX (15), Las Vegas, NV (18), Los Angeles, CA (54), Miami, FL (18), Milwaukee, WI (3), Nashville, TN (3), New York, NY (50), Phoenix, AZ (21), San Jose, CA (20), Seattle, WA (41), St. Louis, MO (2)

Canada – Montreal (3), Toronto (22), Vancouver (2)

Costa Rica – San Jose / Mexico – Guadalajara (8)

南米VPNサーバ

Brazil – Sao Paulo (12), Rio De Janeiro (8)

オセアニアVPNサーバ

Australia – Melbourne (2,) Sydney (31) / New Zealand – Auckland (3)

アフリカVPNサーバ

South Africa – Johannesburg

 

VPN接続プログラム設定どう?

これといった変更する必要はありません。 多様なVPN暗号化プロトコルを選択することができます。(Openvpn UDPの推薦)、L2TPは別に使用する理由がない。 PPTPは脆弱してこれ以上使用されません。 アイフォンiOSアップデート以降はPPTPは使用不可に指定されています。 Kill Switch程度だけをチェック… IPv6, DNS leak(流出)保護もやはり基本設定通り

特定時間帯別にIPを変更できるが、私は一度も使っていません。

 

IPvanish VPNスピード早い?

まず、米国VPNサーバーに接続してみました。 私に支援されていないアップロードの速度は早いが、重要なダウンロードスピードは遅い方

日本から地理的に最も近い韓国VPNサーバーに接続。ピン(Ping)が芳しくなく、ダウンロード速度も中間レベル

香港VPN放棄して

シンガポールvpnのスピードはピンスピドゥが悪いが、ダウンロード速度はとても良いです。 しかし、問題は一定せず、アップダウンが多い

英国VPNサーバ、最悪だよ

 

IPvanish VPNの価格困惑する

これが通常のIPvanish VPNの価格。この会社を選択する人が少なくなるが、もし正常価格で購入することがなかったらと思います。

他社との競争で押し出されるのか割引プロモーションをかなりよく行く方。このような会社の価格政策なら信頼して決済する難しいです。

結論

海外VPN評価サイトでは’適当である’の評価を受けたことはあるが、それは米国、欧州地域での評価だけで、アジア地域、特に日本ユーザーたちに’いい’と言いにくいです。

理由は分からないが、必ずこれを書いたいなら [IPvanish Promotion]ここでプロモーション確認後使用してください。

今年も最高の選択は 1.[Express vpn] / 2.[Nord VPN]