2018 有料VPNランキング接続プログラムの[速度比較]

 

VPN比較分析司令官Evie Hi~! 私は Evieです。 日本が好きで、日本の長期出張を申請したワンダーウーマンです。 (✿╹◡╹)IT業界で勤務中であり、日本、韓国、中国地域担当しており、VPNをたくさん使用しています。 私の経験を通じたVPN比較データを無料提供!!。

外国人なので日本語実力がかなり不足します。 ご了承ください。 ドラえもんかわいい!

順位 VPN 価格(費用) 割引クーポン 要約 詳細レビュー
Express VPNは最高の速度、安全性、匿名性で有料VPN1位です。 Express VPN
  • 1ヶ月 : $12.95/月
  • 6ヶ月 : $9.99/月
  • 12ヶ月 : $8.32/月
エクスプレスVPN 12ヶ月プラン購買者に無料3ヶ月の追加提供 : $6.67/月 (Go – 日本語)
  • パフォーマンス : ★★★★★
  • 安全性 : ★★★★★
  • 匿名性 : ★★★★★
  • コスパ : ★★★★☆
匿名性と安全性は最高だが、express vpnに比べて速度が遅いために有料VPN 2位です。 Nord VPN
  • 1ヶ月 : $11.95/月
  • 12ヶ月 : $5.75/月
  • 24ヶ月 : $3.29/月
1年プラン: $4/月 / 3年 : $2.75/月
(レビュー読んでください)
  • パフォーマンス : ★★★
  • 安全性 : ★★★★★
  • 匿名性 : ★★★★★
  • コスパ : ★★★
下VPNのランキングは無意味. Because!! VPNの重要度は’①匿名性’ > ‘②セキュリティー’ > ‘③通信速度(パフォーマンス)’ > ‘④利便性’順序だが、下ほとんどのVPNは、二つ以上が ①,③二つの部分において安定的ではないのです。expressとnordは、匿名性と顧客情報を最大限守るために特殊な地域に本社を立てているため、特別です 技術的安定性、会社の信頼度が満たされれば速度、コストが重要だが、Express VPNを除けば、持続的な高速スピードを期待できないため、VPNプログラムの便宜性、コスト(価格)、主観的使用経験をもとに、羅列しました。
Vypr VPN
  • 一般 : 1ヶ月 – $9.95 / 12ヶ月 – $5
  • 上級 : 1ヶ月 – $12.95 / 12ヶ月 – $6.67
X
  • 評価 : 日本語でアプリの使用可能/一部のサーバーの速度は満足/VPN国家、サーバ、技術力の良い方
  • コスパ : ★★☆
Cyber Ghost
  • 1ヶ月 : $10.99/月
  • 12ヶ月 : $4.49/月
  • 24ヶ月 : $3.79/月
X
  • 評価 : 困惑するほど低いVPNスピード。価格はトップクラスVPN
  • コスパ : ★
ProtonVPN
  • 1ヶ月 : $10.99/月
  • 12ヶ月 : $4.49/月
  • 24ヶ月 : $3.79/月

(ProtonVPN Plus)

X
  • 評価 : 企業の信頼度やパフォーマンスも良い方しかし、価格競争力が弱点
  • コスパ : ★★☆
Zenmate Premium
  • 1ヶ月 : $8.99/月
  • 6ヶ月 : $7.49/月
  • 12ヶ月 : $4.99/月
zenmateの割引クーポンは頻繁に変更されるので、レビューページにアップデート
  • 評価 : 半分の価格でも嫌い
  • コスパ : ★☆
PIA VPN
(PrivateInternetAccess)
  • 1ヶ月 : $6.95/月
  • 6ヶ月 : $5.99/月
  • 12ヶ月 : $3.33/月
X
  • 評価 : “私のVPN用途には高いセキュリティ、強力な匿名性があまり重要ではないです。”そのために<低価格+早いスピード>二つだけ望むなら、これ
  • コスパ : ★★★
ipvanish VPN 接続評価、サーバスピード、コスパ、価格 IPvanish VPN
  • 1ヶ月 : $9.99/月
  • 12ヶ月 : $4.16/月
X
  • 評価 : 価格政策の一貫性に失望。シンガポールVPNサーバスピードはいいが、他地域(特に、米国や欧州VPNサーバ)は遅い。
  • コスパ : ★★
Tunnel Bear VPN
  • 1ヶ月 : $9.99/月
  • 12ヶ月 : $4.16/月
X
  • 評価 : 可愛いしかし、VPNパフォーマンスと価格を見れば、ブラックベリー(Blackbery)スマートフォンが思い出される。(ほしいが使い道のない)
  • コスパ : ★
Hotspot Shield
Elite
  • 1ヶ月 : $12.99/月
  • 6ヶ月 : $8.99/月
  • 12ヶ月 : $5.99/月
  • Lifetime : $119.99
上同 作成中
Trust.Zone VPN
  • 1ヶ月 : $6.99/月
  • 12ヶ月 : $3.33/月
X
  • 評価 : 価格、パフォーマンス、App、完成度の全ての面で未完成の感じ
  • コスパ : ★
Browsec
  • 1ヶ月 : $4.99/月
  • 12ヶ月 : $3.33/月
X
  • 評価 : 設置、vpnアクセスが便利だ。 しかし、信頼できないセキュリティ。
  • コスパ : ★★
Pure VPN
  • 1ヶ月 : $9.95/月
  • 6ヶ月 : $7.95/月
  • 24ヶ月 : $2.95/月
常時割引中(速度と評価を見ると、理由を知ることができる。)
  • 評価 : 不安な保安を受け入れて、価格と速度を選択したら、OK
  • コスパ : ★★☆
HideMyAss
  • 1ヶ月 : $11.52/月
  • 6ヶ月 : $8.33/月
  • 12ヶ月 : $6.56/月
X 作成中
SaferVPN
  • 1ヶ月 : $4.99/月
  • 6ヶ月 : $3.49/月
  • 12ヶ月 : $2.99/月
X 作成中
Ironsocket
  • 1ヶ月 : $6.99/月
  • 6ヶ月 : $5.99/月
  • 12ヶ月 : $4.16/月
X 作成中
AirVPN
  • 1ヶ月 : $5.39/月
  • 6ヶ月 : $3.85/月
  • 12ヶ月 : $3.47/月
X 作成中
Mullvad
  • 1ヶ月あたり : 5 EUR
X 作成中

Hide me

  • Data制限 1ヶ月 : $4.99/月
  • 無制限 1ヶ月 : $9.99/月
X 作成中

Keepsolid VPN unlimited

  • 1ヶ月 : $9.99/月
  • 12ヶ月 : $4.17/月
X 作成中

Torguard vpn

  • 1ヶ月 : $9.99/月
  • 6ヶ月 : $4.99/月
  • 12ヶ月 : $4.99/月
X 作成中

Avira VPN(Phantom Pro)

  • 1ヶ月 : $8.00/月
  • 12ヶ月 : $5.20/月
X 作成中

 

どんなVPNを使用しなければなりませんか?! 最強のVPNを使用したい! 究極の疑問の答え

良いVPNの要件から調べなければなりません。利便性が優先な人もいる、速い速度が最優先という人もいます。VPN誕生の理由を知ったら何が重要か分かることができます。

vpn

VPN誕生の理由

VPNは、軍事施設、研究所、大学、企業など多くの組織が外部にいる人員や関連支店と’暗号化通信’をするため、できました。

コンピュータ二台の間をLANケーブルで連結するように’物理的な回線’を通じてデータを送受信することが最も安全だろうが、何十、何百Kmあるいは地球の反対側まで有線接続ができないためにVPNが誕生することになったのです。

暗号化を通じた’セキュリティ’は’プライバシー保護’と直結するために最も重要です。

 

どうしてExpress VPNとNord VPNを推薦するか

技術的部分において多くのVPNらが上方平準化されているため、OpenVPNプロトコルを使用したら、安心することができます。これと関連してVPNユーザーたちが最も重要だと考えるのは’匿名性’であり、これはインターネットの精神の基本でもあります。

しかし、多くのVPN企業が’個人情報’について”安全です!”と言葉を述べるだけで、”この程度なら安心だよ”と信じられる部分がありません。

Express VPNはBVI(British Virgin Islands、英国領のバージン・アイルランド)、Nord VPNはPanamaに本社があります。(二つの国は、国際法の網から最も遠く離れたと言える有名な租税回避地-Tax haven) これは個人情報No logポリシー(ユーザーIP、接続記録のほかに数種類)を実践で見せてあげることです。

特にBVIにはデータ保存法がありません。

該当地域で誰かの個人情報を要求するためには国際法ではなくBVI自治法によって捜査機関から高等裁判所までの手続きを進めなければならないが、インターポールリストに載せられるほどの犯罪者がないなら、そのいかなる国家の捜査機関もこの複雑な手続きに従おうとしないのです。

一方、米国、欧州,アジアに本社が位置したVPN会社は一枚の公文でも協力が可能です。

もちろん、犯罪者のための調査に協力すると公式的には述べているが、そのような協調を最大限に避けるための手段です。ビットコイン(Bitcoin)のような仮想通貨で決済も可能であり、加入手続きから個人情報を入力しなくても可能となってもっと安全です。

 

他のVPNは危ないか?

違います 無料VPNの場合、hola vpnの事件のように危険な場合が発生することができるが、openvpnを支援する有料VPNの場合、基本的な安全は確保できました。まだPPTP方式のVPNサービスを提供する業者もあるが、とても危険です。(アイフォーンのiOSの場合PPTP暗号化はもはや使用できません。)

顧客のインターネット使用情報とパターンをビックデータ(Big Data)形で処理して販売する会社も多く、特に無料VPNはデータ販売を通じてサーバーの維持費用、収益を設けます。

とにかく危険な用途’ლ(◉◞౪◟◉ლ)’で使用すると言っても、顧客の情報は確実に保護されなければならないのがVPNサービスの核心であることを覚えておいてください

 

知るべきVPN選択のチェックリスト(私のVPNは当たるのか?)

  • キルスイッチ(Kill Switch 重要です!!!) : VPN接続が様々な要因で、突然切れたとき、私のIP、DNSのような要素が流出されないように保護してくれます。
  • プロトコル選択 : OpenVPN(UDP, TCP), SSTP, L2TP/IPsec, Ike2v, PPTP. オープンVPNが基本設定なら大丈夫です。
  • 便利なプログラム : 複雑な設定はなく、ワンタッチVPN接続が可能か
  • OS : Windows, Mac, iPhone(iPad), Android, Linux すべてのプラットフォームで動作可能か
  • 本当に無制限(オンリミティドゥ)VPNなのか : 無制限と明示しておいたが、トレント(Torrent)、高画質動画を一緒にデータ使用量が高い作業を持続するとダウンロード速度を制限するVPNが多いです。
  • 一貫した価格政策 : 多くのVPNサイトが頻繁な割引、ソーシャル・コマース・サイトその他色々なチャンネルを通じて公式サイトより大幅に割引価格で販売して、使用者を憤怒させます。
  • 安定性のため、デスクトップ用VPNインストールプログラムを提供すると同時に利便性のためにGoogle Chrome、Mozila Firefox拡張機能を提供するのか?

この程度の知識ならいいVPNを選択することができます。!

 

知っておくと良いVPN知識

すべてのVPN暗号化技術がデータを安全に与えてもらうために、ゲバルディㅗオッコ、NIST(国立標準技術研究所)によって認証されたりもしたが、’盾と矛の戦い’は最後がありません。 Edward Snowden(エドワード・スノーデン氏)の暴露を見れば、米国のNSAはこの暗号化の壁を破るために多くの努力をしてきており、これを通じて全世界ネットワークを’マイコンピュータ’のように見ることができたと主張します。 そして多くのハッカーたちもVPNトンネルを覗いて見るために努力しています。 私たちはいつも”私は今安全か?”に対する質問をしてみなければなりません。

OpenVPN、SSTP、L2TP-IPsec、IKEv2、PPTP差と長所と短所

難しい名前を持っている単語はプロトコル(Protocol)と呼ばれる通信の方式です。  誰でも内容を知ることができるように対話を交わすのが’非暗号化’方式であれば、上の物は誰が聞いたり、メッセージを盗んで見ても分からないよう、宇宙人の言葉のように変えてしまうのです。
それぞれの暗号化プロトコルによって解読難易度が変わる、難解ほど速度は遅くなってしまうのだが、難解さ+早い速度+透明性をすべて持っているのはopenvpnが唯一です。(オープンソースであるため)

PPTP-脆弱なセキュリティ能力に退出進行中

PPTPはWindows、Officeプログラムを作ったMicrosoftで作ったコンソーシアムを通じて開発されました。 PPTPの意味はポイント・トゥ・ポイントトンネリング(Point to Point Tunneling)。アメリカの代表会社のマイクロソフトで作ったもので、これまで米国のNSA(国土安保省)はいつでもリアルタイムで解読できるバックドアを開いておいたのではないかという疑惑を受けたりもしました。

今はハッカーたちも気持ちを食べたら見られる水準になってしまったのかアップルが自社製品のアイフォーンやアイパッドなどでPPTP VPNは使用しないように遮断しました。

  • 暗号化水準が低い。(それで速度が速い利点を持っているが、低級なVPN会社らは一般人が技術的な部分をわからない点を利用して速度を速くするためにPPTPを使用する)
  • NSA(National Security Agency)を含めた米国、英国など主要国の情報機関は解読可能な水準という評価
  • 暗号化水準が低い。(それで速度が速い利点を持っているが、低級なVPN会社らは一般人が技術的な部分をわからない点を利用して速度を速くするためにPPTPを使用する)
  • 理由を問わずこれ以上使ってはならVPNプロトコル

SSTP

これもMicrosoftの技術です。 SSTPはSSLv3という技術を採用しました。 簡単に結論を説明すれば’セキュリティー性能+速度’二つの長所を兼ね備えているが、OpenVPNを越えられません。機能的な面を離れて最も致命的な短所は’透明性’です。

  • Microsoftが独占した技術なので、このプロトコルがどうなっているのか、公開されていないため信頼度の下落(マイクロソフトとNSAの密着関係はすでに知られた事実なので)
    • しばらくは世の中を恐怖させた・ランサムウイルスの事態でもMicrosoft-NSAの関係を疑わせる事件が発生したが。 有名なハッカーグループがNSAのハッキングツールを奪取して分析した結果、ウィンドウのセキュリティの壁を突き破ることができる穴がありました。 NSAはハッキングツールの流出を発見するやいなや、Microsoftに通知し、直ちにアップデートが行われているが、この事件を置いて多くのハッカー、セキュリティ専門家らは”NSAが当該ハッキングプログラムを作るときにMicrosoftが協力しており、そのたからに瞬く間にセキュリティアップデートが行われことができた。”という意見が出ました。

  • ウィンドウ以外のプラットフォームで使用不可能
  • 結論は最高の性能もなく、不透明で、ウィンドウでのみ使用することができ、用途が限定されている。

IKEv2(Internet Key Exchange)

IKEv2を使用するVPN提供者は大変でした。 2年前中国にいる時にブラックベリー(BlackBerry)、リナックス(Linux)を固執する英国人を除いてこの暗号化技術を使用したVPNを使う人を目撃したことはありません。 それだけ孤立している感じだと話しましょう。

  • 企業用ルータ会社であるCisco(シスコ)とMicrosoftの合作品だ。
  • 利用可能なPlatformが制限されている。
  • セキュリティの潜在的不安定化。(VPN会社側でサービス提供において難しい部分がある。)
  • OpenSourceではない。(信頼度の下落)
  • VPNの速度は最も早い水準といえる。

OpenVPN

有名VPN会社で最も多く使用して、セキュリティ専門家たちから最も愛されるほど信頼度が最も高いVPNプロトコルです。 さらに速度まで速いために使用しない理由がありません。

  • Open-source(オープンソース)で制作され、最上の透明性、信頼度。
  • セキュリティー性能とVPNパフォーマンスの両側を満足させるプロトコル。
  • Windows、Mac、Android、Linuxを含むすべての運営体制で使用可能。
  • SSLv3/TLSv1プロトコル+OpenSSLライブラリ。
  • ブローフィッシュ(Blowfish)、AES、3DES、カメリア(Camellia)、CAST-128のような多様な暗号化アルゴリズム提供。
  • 160ビット、256ビット暗号化を選択が可能と速度をもっと大切にお考えでしたら160bitを選択できる柔軟性。

結論:OpenVPNが唯一セキュリティ、パフォーマンス二つを満足させることができる最高の技術的選択。そしてexpress、nord二つのうち一つを使用すれば、’法的保護’まで受けられるために最高の匿名性を獲得することができます。